SNOW SCOOT(スノースクート) BMX(ビーエムエックス) KICK BOARD(キックボード) SKETA BOARD(スケートボード)
スノースクートとは
メーカーはjykk japanになりBMXのフレームにスノーボードの板が着いた雪上自転車スキー場で滑れるsnowbmx。
近年では人口も増え、滑れるゲレンデも増えています。
ニューウィンターとして注目されている乗り物です。
モデルもお手頃なエントリーモデルから上級者モデルまで様々なシーンで楽しめるスノースクートがあります。

検索する
⇒お得な会員限定情報をお知らせ
⇒限定プライス商品も登場!!

みなさん、こんにちは
ヴォーグスポーツ店長の田中です。

当店は大阪寝屋川市でスノースクートの展示販売や、キッズに大人気の乗り物系を取り扱うお店です。

当店のスノースクートはジックジャパンの商品です。
新品、中古、レンタルなど、なんでもお気軽にご相談下さい。

※ 注意 ※
最近、正規店の画像を無断転用し、格安でスノースクートを販売している怪しい店舗が多数報告されています。
怪しいと思ったら、先ずは電話や会社概要の確認をしましょう。

当店は正規販売店ですのでご安心ください。

〒572-0077
大阪府寝屋川市点野5丁目4-34
※1号線沿い

072-839-8881(担当:田中)

お得な情報や、イベントをいち早くお届け
LINE@ 会員募集中!

スノースクートのパーツやボード販売「ヴォーグスポーツ」のお役立ちコラム

 
ROCKERを楽しむ方法
ROCKERの違い






IROCKの説明


IROKとは

ROCKER mini BMX の初期モデルです。 カラーがとても豊富で 性能と品質・価格面を考慮した入門モデルです。





ROCKER2の説明


ROCKER2について

より強度を求め、初心者から上級者の方まで満足して頂けるモデルです。





ROCKER3の説明


ROCKER3について

現段階でRocker社のこれまでに培ったノウハウをすべて投入した最上級mini BMXシリーズです。






フレーム

IROK・Rocker2にはなかったガゼットがRocker3には溶接されており、より強度が出されております。
Rocker3からフレームのシートステーのブリッジがアーチ状になり、より恰好良くなりました。





ステム


IROKはフロントロードステムがついており、Rocker2はトップロードステムがついており、Rocker3はRocker2より高くなったトップロードステムがついています。





クランク


IROKは1ピースクランクがついており、軽量に作られております。Rocker2・Rocker3は3ピースクランクがついており、強度を求められた仕様になっております。





ホイール


IROCK・Rocker2でも十分強度があるのですが、Rocker3ではより強くするため溶接部分を増やし、組み立てボルトを5本に増やしました。さらに、穴をあけ軽量化も出来ております。





ヘッドベアリング


IROK・Rocker2ではアヘッドHeadSetに対し、Rocker3はインテグラルHeadSetが取り付けられており、現在主流の20インチBMXにより近くなり、さらに強度が増しました。





ギア


IIROKが13tで漕ぎ出しが軽く作られております。Rocker2・Rocker3は9tになっており、高速トリックが決めやすく作られています。





ページトップへ