SNOW SCOOT(スノースクート) BMX(ビーエムエックス) KICK BOARD(キックボード) SKETA BOARD(スケートボード)
スノースクートとは
メーカーはjykk japanになりBMXのフレームにスノーボードの板が着いた雪上自転車スキー場で滑れるsnowbmx。
近年では人口も増え、滑れるゲレンデも増えています。
ニューウィンターとして注目されている乗り物です。
モデルもお手頃なエントリーモデルから上級者モデルまで様々なシーンで楽しめるスノースクートがあります。

検索する
⇒お得な会員限定情報をお知らせ
⇒限定プライス商品も登場!!

みなさん、こんにちは
ヴォーグスポーツ店長の田中です。

当店は大阪寝屋川市でスノースクートの展示販売や、キッズに大人気の乗り物系を取り扱うお店です。

当店のスノースクートはジックジャパンの商品です。
新品、中古、レンタルなど、なんでもお気軽にご相談下さい。

※ 注意 ※
最近、正規店の画像を無断転用し、格安でスノースクートを販売している怪しい店舗が多数報告されています。
怪しいと思ったら、先ずは電話や会社概要の確認をしましょう。

当店は正規販売店ですのでご安心ください。

〒572-0077
大阪府寝屋川市点野5丁目4-34
※1号線沿い

072-839-8881(担当:田中)

お得な情報や、イベントをいち早くお届け
LINE@ 会員募集中!

スノースクートのパーツやボード販売「ヴォーグスポーツ」のお役立ちコラム

 
SCOOTER’S CROSS JAPAN TOUR


SCOOTER’S CROSS JAPAN TOUR 2016 とは??


ジック・ジャパン株式会社内スクーターズクロス実行委員会が主催している、
スノースクートレースの日本一を決める大会です!!

2016年度は各大会のファイナリストを集め、
3月12日(土)・13日(日)の2日間、
新潟県の苗場スキー場にて、最終戦が行われました!!


どんな事をする大会??

SCOOTER'S CROSS


各大会のファイナリストのみで行われるレースで
500m〜600m程の特設コースを滑走します!!
※招待選手のみ出場可能です

スラローム


特設コースによるタイムレースです!!
合計タイム部門と最速タイム部門、自己申告タイム部門(自分で予想したタイム通りに滑れるか)の
3部門構成です!!

フリースタイルセッション


キッカーも造成されておりました★
雪の山をスノースクートで飛ぶのです!!

迫力満点★★

バニーポップハイエアー


専用計測器を用いたバニーポップでの高さを競う大会です★
なんと!!!参加費無料です!!!





ニューモデル、体験試乗会


最新モデルの展示もしております!!

試乗も可能なので、購入を検討中の方は
お試しで滑ってみるのもいいかもしれません★


左記に写っている4台のスノースクートを
ちょこっと紹介します★★


 

どのシーンにも対応するオールラウンドモデル!!!

「A」という名称は「All round」から来ており
ゲレンデ内での、圧雪バーン、不整地、またはバックカントリーまで高次元でこなすことのできるモデル★


【Style-Aの特徴】

1・モデル内最軽量モデル
  強度と軽さのバランスを考え抜いた構造です
2・1インチ低いヘッドキューブ
  低重心ならではの滑走フィーリングも味わえます
3・最強のA-1ボードの使用
  幅広いコントロール性を持たせを持たせたボードです


Check‣‣
 試乗会写真の左から2台目!!
 カラー:グレー×ホワイト
上記商品 Style-A の限定カラーバージョン!!

雪の中で白と水色のコントラストがとっても映え、

洗練された雰囲気を演出できます★



Check‣‣
 試乗会写真の左から3台目!!
 カラー:Water Green 限定カラー
機能重視のエントリーモデル!!

ONEの派生モデルであるONE=Dは
ONEの機能をそのまま踏襲し、ボード脱着機能をさらに追加したベストセラーモデルです★


【迷ったら ONE-D がオススメ!!!】

1・ボードの付け替えで上位モデルへの発展性がある
2・SAS付きでコンパクトに運べる・積める
3・軽量モデルでありベストな重量感
4・BMXパーツなどの自転車部品でカスタマイズ可能
5・スクートの動きがわかりやすく学びやすいボードを使用


Check‣‣
 試乗会写真の左から4台目!!(一番右)
 カラー:Black
海外大人気の70(ナナマル)モデル。

名前の由来はヘッドアングルが70度になっていること!!
クイックな挙動がトリック系ライダーに支持されています★


【70(ナナマル) の特徴】

1・ハンドルと体のスペースが広くとれる
2・フレーム、フォークを回転させるトリックを行いやすい
3・身長が高い人たちにも窮屈にならないため、扱いやすい
4・コントロール性がいいので、滑走中のスライドターンも行いやすい
5・操作のダイレクト感が大きい


Check‣‣
 試乗会写真の一番左
 カラー:Army Green




会場の様子


ブログもUPしました!!
よければ下記のバナーからブログものぞいてみてください!!
動画もUPしておりますので、最高に盛り上がった様子をご覧いただけます★★







ページトップへ